「Si社」編 第03話 ヒラコ

おととい、友人夫婦に連れて行ってもらったエレファントカシマシのライブで、不思議な現象を見ました。 それはバラードではない、むしろロックの真髄のような一曲のはずなのに、 会場中の観客が一切の手拍子も忘れて棒立ち。 観客どころか、音響スタッフ、照…

「Si社」編 第02話 ゴン

汗かきキャラのぐーさんにはつらい、6月(去年)の暑い日でした。 車で1時間とそこそこ遠い西の町に建つ、「Si社」のモデルハウスに到着。 (イメージ) 僕たちより少し年上(アラフォー)の、「Si社」の社長と対面。 ゴン中山系です。 元アパレル関係のお…

「Si社」編 第01話 機能美

大手ハウスメーカー「Su社」「ハ〇ム」のブランド力、 工務店「R社」のカフェスタイル、 工務店「Y社」のYじいの安心感、 それらより期待値が高い工務店「Si社」がありました。 「Si社」の建てた家(の外観)は、とにかくシンプル。 窓・軒・樋等が、極力削…

恐怖のソファー選び 第05話 Bo Concept

(ソファー編はこの1話で終わりです。) 「Bo(ボー)」は、デンマーク語で「生活」。 60年の歴史を持つデンマークのインテリアブランド「Bo Concept」へ。 (イメージ) なにやら、「ブラックセール」(?)中のようです。 「黒色(濃いグレー含む)」のア…

恐怖のソファー選び 第04話 馬場ちゃん

徳島県の、また別のインテリアショップ。 ロバートの馬場ちゃん似の、ファッショナブルな店長が、熱心に営業をしてくれます。 (イメージ) 馬場ちゃん「ソファはやっぱり家の中でも一番触れる時間が長い家具ですから、座り心地だけは重視してほしいんですよ…

恐怖のソファー選び 第03話 ギャツビー

香川県で立ち寄った、大手インテリアショップ。 デキる物腰の、オシャレな男性スタッフ(中田(仮名))が付いてくれました。 ガツガツしていなく、調べながら確実な情報提供をしてくれます。 (イメージ) やっぱり、アイラーセンの空気感と座り心地は、2…

恐怖のソファー選び 第02話 アルファベットソファ

アイラーセンのソファも置いている、県内のインテリアショップに立ち寄りました。 お客さんの数は2~3組の静かな店内。 僕(うーん…) 40歳前後でしょうか、 1人の女性スタッフが遠巻きにずっと僕たちをマークしています笑 僕たちが2階に上がれば、彼女も上…

恐怖のソファー選び 第01話 アイラーセン

間取りも建築会社も決まっていない状態ながら、 ソファーも高い買い物になる部分なので、 並行して検討を始めていました。 2人の好みが一致した点は「色はグレー」で「カウチ型」(L字型)。 (イメージ) ぐーさんはゴロゴロできたら(余程小さくなければ…

「Y社」編 第03話 コの字

(「Y社」編はこの1話で終わりです。) Yじいがついに考えてくれた「umiie」の間取りプランと対面。 最大の特徴はやはりなんといっても、Yじい自邸をオマージュさせてもらった「コの字」型のコートハウス。 プライベート感の高い、2階LDKからから海を眺める…

「Y社」編 第02話 夫人の斡旋

Y社との打ち合わせは、ライフプランから始まりました。 Yじい「お2人が建てたいお家と収入のバランスなら、資金繰りが苦しくなる時期は無さそうですよ。」 別の日は、Y社で建てた施主様の完成見学会にお邪魔します。 2人「今日のお家も素敵でした。」 Yじい…

「Y社」編 第01話 Yじい

地元の工務店「Y社」は、 数社を比較させていただく打ち合わせが進む中、 2人ともが常に候補会社の1~2位に位置付け続けていました。 ブロカントテイストの施工事例のイメージが多いのは素敵なんですが、 表面的なカフェ「風」ではなく、 あくまで自然素材を…

キッチンのイメージ 第09話 kitchenhouse

(「キッチンのイメージ」編はこの1話で終わりです。) 香川県に来たついでに、インテリアショップを検索してヒットしたお店。 着いてみるとそこは、実はインテリアショップではなく、大きな工務店のギャラリーの一角でした。 お金持ちの社長宅にありそうな…

キッチンのイメージ 第08話 TOYO KITCHEN STYLE

家づくり雑誌の、裏表紙や記事の合間にある、いろんなメーカーの広告。 その時はパラパラと飛ばしながらも、煌びやかなキッチンの写真が、なんとなく印象に残っていました。 これらの写真は、愛知県の「TOYO KITCHEN STYLE(トーヨーキッチンスタイル)」と…

キッチンのイメージ 第07話 コンロ

ガスコンロか、IHコンロか。 清掃がしやすそうという点で、2人の好みはなんとなくIH。 ただ、標準的な日本製(三菱のシェアが高いイメージ)から選ぶと、生活感がかなり出るデザインが多そうです。 (MITSUBISHIから拝借) 日本製は、パネル表示がユーザーに…

キッチンのイメージ 第06話 カブレラ

更新空いてしまいました汗。 GWは、エアーズロックの周りをぐーさんとドライブしたり、登ったりしてて。 地球上から雲が無くなったのかと思うほど、 酔いそうなぐらい青すぎる空が広がっていました。 ・・・ 僕たちの家づくりは、 例えば食洗機をとっても、…

キッチンのイメージ 第05話 食洗機

僕は、最近の食洗機の凄さがいまいち分かってないので、(結局8割手洗いしてからセットしないといけないんじゃ…)と「無くてもいい」派です。 ぐーさんは、食洗機の便利さを知っているので、手洗いでもいけるけど「必須」派。 余談ですが、意見が分かれたと…

キッチンのイメージ 第04話 リシェルSI

県内で回れる大手メーカーの中で、特に2人が惚れたキッチンが1つありました。 リクシルの「リシェルSI」です。 リクシルという超王道メーカーの、更にその中で最も押されている主力製品。 自動車でいえば、トヨタのプリウス、ぐらいメジャーなチョイスかも…

キッチンのイメージ 第03話 ミズカエシ

県内にある大手メーカー(リクシル、TOTO、クリナップ、Panasonic)のショールームを見て回ります。 やっぱり2人の好みはステンレスのキッチンかなとまとまってくると同時に、 気を付けたいポイントもいくつか出てきました。 (クリナップから拝借) オール…

キッチンのイメージ 第02話 ワークトップの素材

ワークトップ(作業する天板部分)は、キッチンの「顔」。 ここの素材感で、キッチンの全体のイメージがほぼ決まる、気がしてます。 人工大理石。 (TOTOから拝借) メリットは、部屋になじむ豊富なデザイン性。 デメリットは、熱に弱い(鍋置けない)、物を…

キッチンのイメージ 第01話 アイランドⅡ型

建築会社選びは、あと3社(まだそんなに笑)。 間取りの話が続き過ぎないよう、設備の話でも挟みます。 多くの夫婦がこだわり、価格面でも最も比重が大きい箇所の代表が、キッチンでしょう。 家づくりの中でも価格幅が最も大きい部類のため、「入れたいキッ…

「ハ〇ム」編 第02話 ハーゲンダッツ

2016年07月18日(月・祝) 勉強のためにハ〇ムの「家づくりセミナー」を受講してみました。 講師はハ〇ムの若手営業マンですが、さすが大手企業、よほど鍛えられているのか、パワポのスライド作りも、トークも、抜群です。 ハ〇ムのセールス・ポジショントー…

「ハ〇ム」編 第01話 孝太郎

ふらっと立ち寄った住宅展示場を機に営業を進めてくれた大手ハウスメーカーは、 「Su社」(住〇林業)と実はもう1メーカー、 セキスイハ〇ムさんがいました。 家づくりあるあるなので、「積水ハ〇ス」と「セキスイハ〇ム」の関係性を簡単に整理します。 名前…

「Su社」編 第13話 磁場

(「Su社」編、とりあえずの最終話です) 家づくり当初のなんとなくの予算は、 土地1000万円+家2000万円+諸経費500万円=総合計3500万円でした。 幸いにも「umitochi」なら土地500万円に収まるので、欲さえ出さなければ総額3000万円以内も不可能ではなくな…

「Su社」編 第12話 ズレータ

正式な契約前(お申込み制度内)とはいえ、2Fも1Fも、なかなかイメージどおりの家に近づけるのは難しそうです。 冷静にはたから見ると、「Su社のデマンド(提供できるもの)」と「僕たちのニーズ(欲しいもの)」はズレていると言っても、もういいのかもしれ…

「Su社」編 第11話 1Fの制約

上空から見た土地の位置関係は、以下のイメージ(上が北)です。 諒くん案では、東に主寝室、西に子供部屋でした。 これを逆にして、西に主寝室の方が希望です。 主寝室は、できるだけ「奥まった」位置が落ち着くからです。 家族を含む訪問者が玄関を行き来…

「Su社」編 第10話 1F(玄関)の生活感を無くす要望

正直1F(寝室や子供部屋)は、「海を取り込む2F(LDK)にできたら、それに合わせて柔軟に変更」程度しか考えていませんでした。 とは言いつつ笑、一応、諒くんのプランをベースに要望を伝えていきます。 諒くんのプラン: 不可なく、バランスのいい、一般的…

「Su社」編 第09話 ビッグコラム

(※連続更新です) 2016年09月05日(月)もSu社と打ち合わせ。 さすが大手ハウスメーカー(のお申込み制度)なのか、どんどんSu社との打ち合わせの回数が伸びていきます。 細かい仕様等は本契約後でもいいので、Su社にはあと2点だけ、海を臨む家(umiie)づ…

「Su社」編 第08話 「前の家」が見えてもいいから

2016年08月28日(日) 海側に配置された階段問題はいったん置いておいて、それ以外の要素からも「海を取り込む」空間に近づけていきます。 (たたき台↓) ①ベランダの「腰壁」を「手摺」に変更。 ②ダイニングの「窓」を床レベルまでの「FIX(はめこみ)ガラ…

「Su社」編 第07話 階段の位置

2016年08月22日(月)の打ち合わせからは、少しずつ僕たちの要望を伝えていきました(5万円払ったしね笑)。 諒くんの間取りプラン(2F)はこちら。 上が北(海側)です。 良いと思ったのは、西(画像の左側)に直線に配置された、水回り導線。 特に、海を眺…

「Su社」編 第06話 マドベーゼ

2016年08月22日(月) ファーストプランから2週間後、ブラッシュアップの打ち合わせ。 西側の外観、屋根の「耳」を無くしてくれています(…ほっ笑)。 ジェイムソン「「耳」取っただけで80万円ほども見積下がりました(…営業の私もほっ笑)。」 南側の外観、…

「Su社」編 第05話 屋根の「耳」と前の家を切り取る「窓」

2016年08月08日(月) Su社の若手設計士、諒くんのファーストプランと対面。 さすが実家新築の時のように、平面の間取り図だけでなく、きっちり3Dパース(イメージ図)で準備してくれていました。 まずは外観が、「自家自賛」No.118表紙のようにシンプルな…

「Su社」編 第04話 自家自賛

Su社設計士さん「はじめましてっ。」 2年前に実家を新築したときのSu社の設計士さんはかなりベテラン(おじさん)でしたが、 今回僕たちの担当をしてくださるのは、僕たちと同い年で、加藤諒似の純朴そうな若手設計士さんです。 (イメージ) ジェイムソン「…

「Su社」編 第03話 お申込み制度

2016年7月。 N町の海の前の土地(umitochi)を仮予約したことを報告すると、 ジェイムソン所長はいよいよ本格的に営業を進めてくれます。 ジェイムソン「設計士から間取り等を提案させていただければと思いますが、…当社は「お申込み制度」として5万円をいた…

「Su社」編 第02話 Su社で建てた実家

家づくりの視野や可能性を広げるために、 ジェイムソン所長の熱心な営業をきっぱりと断るほどではなかったものの、 基本的には大手ハウスメーカーには自分たちは頼めないかなと思っていました。 理由①: 基本の性能や材料のスペックが高すぎて、メーカー側が…

「Su社」編 第01話 J・ジョナ・ジェイムソン

比較検討させてもらった5社のうち、 4社が地元の工務店、 1社は唯一の大手ハウスメーカー「Su」社(住〇林業)でした。 家づくりの始まりの日は、住宅展示場に訪れた2016年の4月。 後日Su社から、「一緒に土地探しからお手伝いするので、是非打ち合わせい…

「居心地の良い空間」のヒント

珈琲も読書もあまり分かっていない僕ですが、カフェは好きな方です。 数年前に比べると行く回数は減りましたが、 ぐーさんと2人でカフェに行くこともよくあります。 家づくりが始まってからは、 訪れたカフェから内装やインテリアのヒントをいただくだけでな…

「R社」編 第07話 斎藤さんの立場

「R社」編は、この一話で終わりです。 凄腕のFP、斎藤さんとのライフプラン。 他の会社、他のFPさんとでもこれぐらいなのかもしれませんが、 2人が亡くなるまでのあらゆる家族の動きと収支を考えるのはやはり大変でした。 (イメージ) 「車の買い替え」だけ…

「R社」編 第06話 MDRTの斎藤さん

家づくり関係ないんですが、 人生で「全話見たドラマ」って数えるほどしかなく、 「ハケンの品格」「ゲゲゲの女房」「半沢直樹」ぐらいかもしれません。 (なんだこのラインアップ汗) そんな僕が、今久しぶりに毎週欠かさず観てるドラマがあります。 今も観…

「R社」編 第05話 彦摩呂

社長の人柄、会社の実績、施工事例のテイスト、照英のプラン。 R社は良い会社だと思います。 ただ唯一、R社のイメージをマイナスに傾ける要素がありました。 浅黒く、太っていない彦摩呂といった雰囲気の男性スタッフ。 R社長が懸命に積み上げてきたR社の実…

「R社」編 第04話 アーバンなプラン

R社長「ウマさんたちは、シンプル、モダンな家がお好みっぽいので、特別に(←営業)、社内の設計士ではなく、提携している実力派の先生(設計士)にプランしてもらいますよ。」 紹介してもらった設計士は、 イメージより若く(僕たちと同じ30代中盤?)、 ク…

「R社」編 第03話 ワンタッチの差

「ウマさんとぐーさんに海沿いでおすすめの土地ありますよー。」 いつかそんなことをR社長が言ってくれてたような気がします。 2016年7月17日(土)の朝、僕たちはumitochi(土地②)を見つけ、仮押さえをしました。 土地購入こそまだですが、これでやっと建…

「R社」編 第02話 バス見学ツアー

「R社」で建てた施主のお家(3軒)を回るバス見学ツアーに、ふらっと参加してみました。 夏の休日の朝「R社」に集合すると、 チャーターバスに乗りこんでいく数組の夫婦(※夫婦じゃなかったの僕たちだけ?笑)。 僕とぐーさん(っっ・・・!汗) どれぐらい…

「R社」編 第01話 検討のきっかけ

地元の工務店「R社」との出会いは、ふと立ち寄った雑貨屋さんでした。 雑貨屋と思っていたそのスペースは実は、R社のモデルハウスのガレージ空間だったんです。 興味本位で、そのナチュラルカフェ系のモデルハウスにもお邪魔することに。 (イメージ) この…

会社選びの道(イントロ編)

県の公表(平成28年9月現在)によると、徳島県の建設業許可業者は約3,000社です。 2016年7月。 家づくりの前提となる土地がひとまず絞れたので、どんな家を建てるか、つまり建築会社を選んでいく段階になりました。 とりあえずの予算(住宅ローン借入額)は…

土地探しの旅 ステージ8 ~umitochi(3)~

土地②の最大のリスク(欠点)は、 「前の土地①には僕たちが建てるより後に家が建つ」ことでした。 ①の買主は現在関東在住の老夫婦で、 定年までは徳島県にも帰ってこず家も建てる予定は無いが、 とりあえず土地①を今から買っておいて、 退職後に徳島県に帰っ…

土地探しの旅 ステージ8 ~umitochi(2)~

2016年7月17日(日)。 それはちょうど「海の日」による三連休中でした。 天気のいいN町の海岸を、ゆっくりと車で走っていきます。 子供の頃海水浴に来ていたこの海岸を、 土地を見落とさないようブンブン首を振りながら走る日が来るとは笑。 早速、なかなか…

土地探しの旅 ステージ8 ~umitochi(1)~

2人で何度か行ったことのあるN町の海辺のカフェ。 N町は僕の地元であり、カフェに至っては僕の実家から1分の場所です。 水辺の土地を探すことになって初めて知ったんですが、 ぐーさんが実はこのカフェ(特に景色)がとても好きで、 なんならこのカフェを売…

心の中の婚姻届

フライングで先に家づくりが始まりましたが、 入籍日をいつにするかも2人は秋ごろから悩んでいました。 年度が替わると部署の環境もまた変わるかもしれないので、 平成28年度中(1月~3月)を区切りに考えました。 まず入籍だけと考えていたので、 完全に自…

土地探しの旅 ステージ7 ~川の流れのように(2)~

M町の、川沿いの土地。 通勤、立地、校区、値段、川沿い、文句がつけれません。 ですが・・・ たった1点だけ、「即買い」に踏み切れない大事な要素がありました。 土地と川の間に、高い土手があるんです。 しかも、その土手はサイクリングロード。 川を眺め…

土地探しの旅 ステージ7 ~川の流れのように(1)~

Y社長邸にお邪魔してからというもの、 すっかり「川沿いの土地」に憑りつかれていた笑2016年7月。 検討中の建築会社「N」社が何件か取り寄せてくれた土地の物件チラシの中に、 ふと目にとまったM町の土地。 チラシの上からでも少しオーラが違うので、早速現…