読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キッチンのイメージ 第09話 kitchenhouse

 

(「キッチンのイメージ」編はこの1話で終わりです。)

 

 

香川県に来たついでに、インテリアショップを検索してヒットしたお店。

着いてみるとそこは、実はインテリアショップではなく、大きな工務店のギャラリーの一角でした。

 

 お金持ちの社長宅にありそうな、JAXSONのバスタブとかも置いています。

f:id:guuma:20170516215722j:plain

(イメージ)

 

 キッチン(?)のような物体が、1つ佇んでいます。

ストイックなまでに無駄が省かれた、石を切り出したような美しい素材感とフォルム。

 f:id:guuma:20170516221115j:plain

 

 

「kitchenhouse(キッチンハウス)」というメーカーとの出会いでした。

皇室も御用達の、東京のオーダーメイドキッチンメーカーとのこと。

 

 

後日、「kitchenhouse」の大阪ショールームに行ってみました。

「営業マン」ではなく「コンシェルジュ」の男性が付いてくれます汗。

 

香川で見たのは「エバルト」という、メラミン素材のシリーズ。

キッチンハウスのメラミンは、

熱に強く(沸騰した鍋を置いても余裕)、

傷に強く(アイスピックでガリガリしてもOK)、

汚れに強い(油性マジックの落書きも即落ち)、

デメリットなしのレベルのようです。

 

全ての材料が1cm単位のオーダーメイドのためビルトイン機器の制約もありません。

むしろミーレやガゲナウを入れたい顧客がほとんどのため、

単なる「海外製にも対応可能」という範疇ではなく、

ミーレの営業マンと同等の知識で普通に海外製を提案してくれます。

ここのキッチンは事実上「不可能がない」と言ってもよさそう。

 

 

上記「エバルト」と同じぐらい惚れそうな他のシリーズも控えていました。

框(かまち)のデザインがクラシックな、「サンレミ」。

 

f:id:guuma:20170516230449j:plain

 

ぐーさん「ただ、白色は「甘くなり過ぎる」かもしれないから、ダーク(+マット)な框(かまち)の方が好きかも…。」

このあたりのバランス加減が、僕個人的にはぐーさんのセンスがいい(合う)なと感じます。

 

コンシェルジュ「サンレミ(框)のマット・ダークグレー、展示ありますよ。」

それは2人にとってのキッチンの、1つの完成形でした。

 

f:id:guuma:20170516231646j:plain

 

後日届いた見積額は、約200万円。

機能・品質・デザイン的には、決して高いとは思いません(高いけど笑)。

 

建築会社、家の間取り、建築費等がもう少し固まってきたら、

kitchenhouseのキッチンを検討できるかまた出直したいと思います。

 

 

今日の一曲:Sweet Dreams/Air Supply