読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「R社」編 第01話 検討のきっかけ

 

地元の工務店「R社」との出会いは、ふと立ち寄った雑貨屋さんでした。

雑貨屋と思っていたそのスペースは実は、R社のモデルハウスのガレージ空間だったんです。

 

興味本位で、そのナチュラルカフェ系のモデルハウスにもお邪魔することに。

f:id:guuma:20170220121146j:plain

(イメージ)

 

この雰囲気、家を建てたくなる女性(奥様方)は多いと思います。

でもこのモデルハウスの素敵な点は、

決してナチュラルカフェテイストだけを売りにせず、

男性(夫)が好きそうな遊び心も取り入れているところにもありました。

 

レトロなガレージ空間や、

f:id:guuma:20170220121916j:plain

 

子供との水遊びや壁面にプロジェクター投影ができる想定の、

壁が高くプライベート感の高い2Fのスカイバルコニー。

f:id:guuma:20170220122124j:plain

(イメージ)

 

R社長は小太りで気さくなおっさん(笑)という感じで、

ガツガツしない範囲で適度に営業をしてくれます。

会社としても設立60年という安定感。

 

以前のブログでも少し触れましたが、

「土地探しセミナー」「家づくりセミナー」等、

気軽に行けるミニ企画も豊富だったので、実際参加して勉強もさせていただきました。

 

また、R社で建てられた施主様のお家見学するバスツアーもあります。

大手ハウスメーカーではよく開催されていますが、

地元の工務店さんで頻繁に開催されているのは結構珍しい気がします。

 

何よりすごいのは、モデルハウスの案内も、セミナー(の講師)も、バスツアーのガイドも、全てR社長自身でされているところ。

現場主義、最前線の姿勢も好感度が高いと思うし、

社長自らの言葉や接客なので我々顧客側も安心して検討できるのではないでしょうか。

 

また、超大手のFP(ファイナンシャルプランナー)さんを紹介してくれ、家づくりを含めたライフマネジメントもさせてもらいます。

 

営業に引っかかっていると言われば当然そうなんですが、

分かっててこちらも勉強のために乗っからせてもらおうかなと思える、

いい企画と雰囲気なんです。

見た目どおり、たぬき…やり手のR社長です。

 

次回は、バスツアーやFPさんとの話でも。

 

 

今日の一曲:遠くへ行きたい/andymori