読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社選びの道(イントロ編)

県の公表(平成28年9月現在)によると、徳島県の建設業許可業者は約3,000社です。

 

2016年7月。

家づくりの前提となる土地がひとまず絞れたので、どんな家を建てるか、つまり建築会社を選んでいく段階になりました。

 

とりあえずの予算(住宅ローン借入額)は、土地+建物+諸費用で3,500万円以内。

これは大体、毎月のローン返済額10万円以内なら、子供を授かった場合でも生活水準を極端に下げずに済むかなという範囲の設定です。

 

一般的に3つに区分されることが多い注文住宅の依頼先に対して、

当初の僕たちのイメージはそれぞれ以下の感じでした。

 

ハウスメーカー

デザインや自由度に制限がありそう。

性能の良さや、広告費・人件費等がかかる分、値段が高そう。

だからあまり候補に検討しない(できない)かも。

 

工務店

施工事例が好きな感じの会社から絞って、比較していきたい。

会社(社員)の雰囲気や、機能・性能面でもどれぐらい安心できるかを、慎重に検討したい。

 

設計事務所

憧れはあるが、デザイン重視で、住みにくい間取りや、耐震・気密断熱等の性能がスカスカの家になるのはさすがに不安。

僕たちの希望や予算は建築家の「先生」に聞いてもらえず、

僕たちの家じゃなくて「先生の作品」ができるだけになるんじゃないか笑。

「設計料」の相場が家の価格の10%前後のようなので、例えば2000万円の家が、2,200万円になるのか…。

 

2人で徳島県の家づくり情報誌を眺めて、

施工事例や会社の情報から気になる数社をピックアップして、

打ち合わせのアポを入れていってみました。

 

そして、主に以下5社との打ち合わせが進んでいくことになります。

初期の期待値やイメージを比較整理してみました。

f:id:guuma:20170220020413p:plain

 

ここからは、各社との打ち合わせ(場合によっては対決(笑))の記録を整理していきたいと思います。

 

 

今日の一曲:愛のテーマ/毛皮のマリーズ