読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Su社」編 第08話 「前の家」が見えてもいいから

2016年08月28日(日)

海側に配置された階段問題はいったん置いておいて、それ以外の要素からも「海を取り込む」空間に近づけていきます。

 

(たたき台↓)

f:id:guuma:20170408004144j:plain

 

①ベランダの「腰壁」を「手摺」に変更。

②ダイニングの「窓」を床レベルまでの「FIX(はめこみ)ガラス」に変更。

 

①②は、

「前の家を、壁で切り取って見えなくする代わりに、海も見えなくなる」諒くんの方向性とは逆に、

「前の家が風景に入ったり、前の家からこちらが見えるリスクを背負ってでも、海が見える方がいい」という方向性への転換です。

 

当初は、ストイックに「一面、海しか見えない風景」を追求していました。

f:id:guuma:20170408005145j:plain

(あくまで理想のイメージです)

 

ただ、Su社の3Dシステムで「前の家」を配置シミュレーションしてもらう限り、やはりなかなかそれは難しそうです。

また、建築雑誌等を見ていて、意外と他の建物が視界に入っていても、十分素敵な眺めかなと慣れてきたためです。

 

f:id:guuma:20170408005735j:plain

f:id:guuma:20170408005941j:plain

(イメージ)

 

③ベランダと階段の間の「壁」も「全面FIXガラス」に変更。

④階段の「腰壁」も「手摺」に変更。

 

あとは、一応のイメージとして、フローリングをホワイトかグレー系で表現してみてもらいました。

 

リビングから海側を見た角度:

【Before】

f:id:guuma:20170408004144j:plain

 

【After】

f:id:guuma:20170408011147j:plain

 

ダイニングからリビングを見た角度:

【Before】

f:id:guuma:20170408011520j:plain

 

【After】

f:id:guuma:20170408011638j:plain

 

いいですね、なかなかの眺望になってきました。

 

年配のジェイムソンからは(【Before】でも十分眺めが良い家なのに、【After】なんて住みにくいですって…)という空気を感じます。

 

そんなジェイムソンには申し訳ありませんが、僕たちにとってこの①~④の変更はスタートラインで、細かい要望はここからです笑。

 

 

今日の一曲:夢を信じて/徳永英明