読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Su社」編 第07話 階段の位置

 

2016年08月22日(月)の打ち合わせからは、少しずつ僕たちの要望を伝えていきました(5万円払ったしね笑)。

諒くんの間取りプラン(2F)はこちら。

上が北(海側)です。

 

f:id:guuma:20170405213405j:plain

 

良いと思ったのは、西(画像の左側)に直線に配置された、水回り導線。

特に、海を眺められるバスルームの位置は、温泉好きの僕にとっては素晴らしいです。

(ぐーさんや、もし娘がいれば、女性にとっては眺めよりプライバシー優先だとは思うので要相談ですが汗)

 

逆に、変更希望の点は、階段の位置。

ここが結局、諒くんと僕たちの間で、決定的に最後まで平行線の部分だったかもしれません。

 

諒くんは「階段を上がっていく途中で海が飛び込んできて、素敵だと思います。」という意図を込めてくれていました。

ただ、その割には、高い(海を眺めるというより空を見上げる)位置に、普通の大きさの窓しか付けてくれていません汗。

(↓人物の頭のあたりが、階段です)

f:id:guuma:20170404001513j:plain

 

 

「階段×海」に重点するのであれば、階段の向こうをいっそ全てFIXガラスにしてほしいぐらいです。

 

f:id:guuma:20170406233757j:plain

(イメージ)

 

それに、階段が海側(しかも家の中心)にあると、階段の腰壁が立つ分、海への眺望が削られるし、海に向かって狭く感じます。

僕たちとしては、「階段を上り下りする時間より、LDKから海を眺める時間の方が圧倒的に長い」から、LDKの前に階段が無い方が好みでした。

 

f:id:guuma:20170406234735j:plain

(イメージ)

 

他の部分はかなり柔軟に要望を反映させてくれた諒くんですが、

この階段の位置だけは、

本人的には(構造のバランス等も考慮して?)よほどベストだったのか、

その後も打ち合わせの度に「後はやっぱり、階段の位置だけが…笑」と伝えても、

諒くん「うーん、この位置がいいんじゃないでしょうか…」と譲ってもらえませんでした汗。

 

 

今日の一曲:メトロに乗って/斉藤和義