読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Su社」編 第04話 自家自賛

Su社設計士さん「はじめましてっ。」

2年前に実家を新築したときのSu社の設計士さんはかなりベテラン(おじさん)でしたが、

今回僕たちの担当をしてくださるのは、僕たちと同い年で、加藤諒似の純朴そうな若手設計士さんです。

 

f:id:guuma:20170325085837j:plain

(イメージ)

 

ジェイムソン「彼はまだ若いですが、社内コンペで勝ち抜いて、県内のモデルハウスのプラン・設計を担う等、実力は確かですよ。」

 

2人が好きな家のイメージを、諒くんにヒアリングしてもらいます。

※まだ契約前(=営業)段階なので、全ての打ち合わせは、諒くん(設計士)+ジェイムソン(営業所長)の2人体制です。

2人「外観でいうと、シンプルな感じが好きですねー。」

 

大手ハウスメーカーさんは、「シンプル」とお伝えしても、機能性能を重視して「軒や窓」等が豪華な「THE 住宅」をプランしてくれるというイメージが、どうしてもあります。

 

f:id:guuma:20170325091444j:plain

(イメージ)

 

僕たちのイメージは、軒・庇・窓の多さ等の機能性は最小限に抑えて、もっとシンプルな「オウチ」でいいんです。

2人「こちらの表紙のオウチとか、けっこう理想です…」

イメージを伝えるため、僕たちは、以前モデルハウスでいただいていた住宅小雑誌「自家自賛」No.118号を出しました。

 

f:id:guuma:20170325092022j:plain

 

諒くん・ジェイムソン「・・・な、なるほどー(そう来ますか)・・・」

 

大手ハウスメーカーには依頼は難しいかもと思っている僕たちが、

Su社のお申込み制度(5万円)まで話を進めてみることにした最大の理由(期待値)は、

この「自家自賛」No.118号でした。

 

「自家自賛」とは、Su社が毎月30年以上発行し続けてきた、「Su社の」施工実例集です。

予算の問題は別にして、ここに載っている家を建てられないとは言わせません笑。

 

諒くん「むむ・・・承知しました。では、「海を眺めたい家」で、外観は「自家自賛No.118の表紙の家」をイメージして、後日提案させていただきます。」

 

 

(それにしても、「自家自賛」ってタイトルは相当ウマいですよね)

 

 

今日の一曲:Are You ハッピー??/HiGE