読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「R社」編 第02話 バス見学ツアー

 

「R社」で建てた施主のお家(3軒)を回るバス見学ツアーに、ふらっと参加してみました。

 

夏の休日の朝「R社」に集合すると、

チャーターバスに乗りこんでいく数組の夫婦(※夫婦じゃなかったの僕たちだけ?笑)。

 

僕とぐーさん(っっ・・・!汗)

どれぐらいの確率でしょうか、

職場の後輩もバスツアー参加してて、見事に鉢合わせました汗。

僕たち2人の交際は職場には公表してなかったので、向こうも驚いてたようです。

 

1軒目は、一人暮らしのおばあちゃんの家。

 

カフェ風インテリアではなく、もっと本気のイギリスの田舎の家です。

絵画が趣味らしく、至る所に置かれたイーゼルやキャンバスが、更にコッツウォルズ的な雰囲気。

別れ際、「また遊びに来てくださいね」というおばあちゃんの言葉が、なんとなく今も心に残っています。

 

f:id:guuma:20170221234104j:plain

(イメージ)

 

2軒目。

 

車や、ご主人の趣味のギアがふんだんに詰め込まれたガレージ。

今日もご主人だけ旅行に行っていて不在とのこと。

遊んでますねー笑。

f:id:guuma:20170222000150j:plain

(イメージ)

 

ご主人の趣味とは裏腹に、家本体はザ・ナチュラルカフェ系。

不思議系奥様(笑)とお子様2人が在宅中でした。

R社長「奥様、漆喰の壁にされて、部屋内の料理の匂いとかどうですか?」

奥様「え~、あまりしません~。」

R社長「裏庭のデッキ、活用されてますか?」

奥様「はい~、昨日BBQしました~。」

・・・奥様は、ずっとリビングのラグの上で座ったまま対応されてました笑。

いや、僕たちはお客じゃないし、むしろお邪魔させてもらってる側なので、

「こう対応してほしい」とかはもちろん全然ないし、

普段どおりいてくださればそれでいいんですが、

知らない人たち10人以上が家の中を歩きまわっているこの状況の中、

・・・普段どおりすぎて凄いっす汗!

 

f:id:guuma:20170221235906j:plain

(イメージ)

 

3軒目は、ダンディなおやじが母屋の裏に建てた家。

蓄熱暖房、御子息が収集したエレキギター、テラスが贅沢でした。

 

f:id:guuma:20170222002018j:plain

(イメージ)

 

バスの中では、吊り下げ式のレトロなブラウン管で、「となりのトトロ」を流してくれていました。

お子さん連れのご夫婦もいるのでR社長のナイスな一工夫ですが、

ぐーさんはサンドイッチを食べつつ、想像以上に僕たち2人も真剣に鑑賞(笑)。

庭に蒔いた木の芽をトトロ達と巨大な樹に育てて夜の空を飛ぶ、あの名シーンで、涙が少しにじみました(※バスの中笑)。

これがおっさんになったということなんでしょうか。

やっぱりジブリは最高や…。

(※「耳をすませば」さえまだ観てない僕に語る資格はありませんが)

 

僕とぐーさんは同級生(同い年)同士なので、

地元が同じだったらこんな感じでバス遠足の思い出もあったのかなと、

田んぼを走るバスにのんびり揺られていました。

 

 

今日の一曲:風の通り道/久石譲