読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土地探しの旅 ステージ7 ~川の流れのように(2)~

 

M町の、川沿いの土地。

通勤、立地、校区、値段、川沿い、文句がつけれません。

 

ですが・・・

たった1点だけ、「即買い」に踏み切れない大事な要素がありました。

 

土地と川の間に、高い土手があるんです。

しかも、その土手はサイクリングロード。

川を眺めて過ごす2階の高さと、そこを散歩する人の目線が、完璧に合ってます笑。

 

f:id:guuma:20170211014416j:plain

(イメージ)

 

焦った2人は、「川沿いマスター」「Mr.リバービュー」のY社長に相談することに。

Y社長「ど、どうされたんですか汗。今は会社じゃなく自邸にいますので、またそちらでもよければどうぞ。」

 

仮契約も何もしていない、まだ通りすがりの客の段階にも関わらず、Y社長の自邸にまたお邪魔する2人。

 

Y社長「一般的にはやはりまず、フェンスで視線をカット、でどうでしょうか。スリットに角度を付ければ、家からは川は見えて、土手からは家の中が見えにくいですし。」

 

f:id:guuma:20170211014317j:plain

(イメージ)

 

2人(うーん・・・)

なんせ、今目の前のY社長邸のリバービューを味わいながらだと、その案がいまいち入ってきません笑。

 

f:id:guuma:20170131231242j:plain

(イメージ)

 

僕たちも素人なりに考えた、土手(サイクリングロード)を歩く人からのプライベート空間の確保案も聞いていただきました。

 

案①:物凄い奥行のあるコの字

バルコニーの奥の方でいれば、土手からは見えずにくつろげるのでは?

 

f:id:guuma:20170211032116j:plain

(イメージ)

 

案②:できるだけ高い2階

土手よりも高い位置にどうにか2階のフロアーレベルを上げれば(極端な話3階のLDKやバルコニーなら)、土手からは見えないのでは?

 

僕たちの話を、優しく聞いてくれるY社長。

もしこの「土手からの視線」問題を解決してくれそうなら、

もう「この土地を買う」+「Y社に家づくりの契約をする」で進めてもいいぐらいの勢いでした。

 

僕は図々しく、(あわよくば今、ラフなスケッチで間取り提案とかしていただけないかな・・・)とか考えていました笑。

しかし、Y社長は、良くも悪くも、この場面でさえまだ営業らしいトークをしてくれません。

僕(社長、ほら、もう獲物は針にかかって、後はすくうだけでっせ)

 

Y社長「・・・」

・・・

・・・

結局、Y社長、動かず!笑

 

f:id:guuma:20170211035353p:plain

(イメージ) 

 

Y社長は多分「押しつけの営業はしない代わりに、契約してくださった本当のお客様に注力する」のようなポリシーをお持ちなのかなと推測しています。

 

この川沿いの土地が売れないことを祈りながら、土地探しの旅は続くことになりました。

 

今日の一曲:なんとなく僕たちは大人になるんだ/安藤裕子(originaled by 銀杏BOYZ