読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社選びの道(イントロ編)

県の公表(平成28年9月現在)によると、徳島県の建設業許可業者は約3,000社です。

 

2016年7月。

家づくりの前提となる土地がひとまず絞れたので、どんな家を建てるか、つまり建築会社を選んでいく段階になりました。

 

とりあえずの予算(住宅ローン借入額)は、土地+建物+諸費用で3,500万円以内。

これは大体、毎月のローン返済額10万円以内なら、子供を授かった場合でも生活水準を極端に下げずに済むかなという範囲の設定です。

 

一般的に3つに区分されることが多い注文住宅の依頼先に対して、

当初の僕たちのイメージはそれぞれ以下の感じでした。

 

ハウスメーカー

デザインや自由度に制限がありそう。

性能の良さや、広告費・人件費等がかかる分、値段が高そう。

だからあまり候補に検討しない(できない)かも。

 

工務店

施工事例が好きな感じの会社から絞って、比較していきたい。

会社(社員)の雰囲気や、機能・性能面でもどれぐらい安心できるかを、慎重に検討したい。

 

設計事務所

憧れはあるが、デザイン重視で、住みにくい間取りや、耐震・気密断熱等の性能がスカスカの家になるのはさすがに不安。

僕たちの希望や予算は建築家の「先生」に聞いてもらえず、

僕たちの家じゃなくて「先生の作品」ができるだけになるんじゃないか笑。

「設計料」の相場が家の価格の10%前後のようなので、例えば2000万円の家が、2,200万円になるのか…。

 

2人で徳島県の家づくり情報誌を眺めて、

施工事例や会社の情報から気になる数社をピックアップして、

打ち合わせのアポを入れていってみました。

 

そして、主に以下5社との打ち合わせが進んでいくことになります。

初期の期待値やイメージを比較整理してみました。

f:id:guuma:20170220020413p:plain

 

ここからは、各社との打ち合わせ(場合によっては対決(笑))の記録を整理していきたいと思います。

 

 

今日の一曲:愛のテーマ/毛皮のマリーズ

 

土地探しの旅 ステージ8 ~umitochi(3)~

 

土地②の最大のリスク(欠点)は、

「前の土地①には僕たちが建てるより後に家が建つ」ことでした。

f:id:guuma:20170218224215j:plain

①の買主は現在関東在住の老夫婦で、

定年までは徳島県にも帰ってこず家も建てる予定は無いが、

とりあえず土地①を今から買っておいて、

退職後に徳島県に帰ってくれば家を建てるつもり、とのこと。

 

それならと逆に、老夫婦に相談(交渉)をしてみることに。

もし老夫婦も「やっぱり徳島県に帰りそうにないし、家建てるのも実はもうおっくうになってるから、今となっては土地①持て余してる…」みたいな状況なら、

老夫婦は土地①を坪単価8万円で不動産屋から買ったらしかったので、

なんなら坪単価10万円出すから土地①を僕たちに売りなおしてもらうという、

Win-Win案の相談です。

 

それを土地①②③の売主であるN不動産を通じて老夫婦に伝えてもらいましたが、

答えは「家を建てる時期は今も未定(最悪建てないかも)だが、だからといってあの土地①は手放したくない」でした。

 

実はこの土地①②③(80坪✖3区画)は、

最初N不動産は240坪1区画(坪単価5万円)で売っていたようです。

それを老夫婦が「割高(坪単価8万円)でいいから、海に近い80坪だけ切り売りしてくれ」と交渉して土地①②③に分かれたとのこと。

 

老夫婦がそこまで強い希望で購入した土地①であること、

そして老夫婦がいたからこそ土地②を買えるチャンスをもらえていること、

を考えると、

土地①を譲ってもらうことは男らしく(ウマらしく)あきらめて、

土地②のリスクを受け入れて検討するべきなのかもしれません。

 

唯一の気休めは、家族構成は老夫婦だけということもあって、建てるとしても「絶対に平屋(1階建て)」とのこと。

それなら、土地②に僕たちは2階LDKを建てればなんとかオーシャンビューは確保できるかも。

 

いや、「平屋」といっても、屋根の形状や傾斜角度によって、土地②からの海の見え方はかなり変わってきます。

 土地①に建つのが「陸(ろく)屋根」ならかなりリスクが低くなります。

f:id:guuma:20170218232449j:plain

 しかし「切妻(きりづま)」「寄棟(よせむね)」等だと、土地②の2階からも視界に結構屋根が入ってくる気がします。

f:id:guuma:20170218232802j:plain

 

それに、気が変わって「やっぱり2階建て」を建てられても文句は言えません。

そうなったら、僕たち土地②の2階LDKからは、オーシャンビューどころではありません。

N不動産屋「なんなら私からも(ウマさんたちに②をスパッと買っていただきたいから)老夫婦に「平屋を建てる」という念書を書いてもらうのを協力させていただきます。」

 

ぐーさんが提言してくれた、

最悪、老夫婦が建てないまま、全然別の家族が買った(相続した)りしたら、その人たちは普通に2階建てを建てるというリスクも、

その通りかもしれません。

 

そこでN不動産には、

・現時点では土地②を第1希望として仮押さえしたい

・ただしオーシャンビューにかかる上記リスクを前提に、どんな家を建てるか、どの建築会社に頼むかを検討して、納得出来た時には土地②を買いたい

というお願いをしました。

 

N不動産も結構優しく、

・予約金、手付金はとりあえず不要

・もし他から土地②の購入希望の問い合わせが入っても、とりあえずウマさんに知らせます

・土地②でも安心できる家が建てれそうになるまで、じっくり検討してみてください

ということになりました。

 

ここまでブログに記載してきた土地やエリアはもちろん一部であり、実際はもう少したくさん(100以上)の土地を回ってきました。

価格、景観、広さ、通勤等の総合バランスは、この土地②がもしかしたら僕たち2人の最高形かもしれないと思えるぐらいの段階に来たので、

ここでいったん、土地探しの旅は終わります。

(土地②購入決定ではなく、土地②を前提に家や建築会社を検討してみるということです。)

 

ここからはいよいよ、

この土地②(「umitochi」)に僕たちが望む「umiie」は建つのかを検討する、

「建築会社選び」です。

 

 

今日の一曲:千年メダルTHE HIGH-LOWS

 

土地探しの旅 ステージ8 ~umitochi(2)~

 

2016年7月17日(日)。

それはちょうど「海の日」による三連休中でした。

 

天気のいいN町の海岸を、ゆっくりと車で走っていきます。

子供の頃海水浴に来ていたこの海岸を、

土地を見落とさないようブンブン首を振りながら走る日が来るとは笑。

 

早速、なかなかの売土地があったので、看板の電話番号(不動産屋ではなく個人?)に電話をかけます。

僕「この土地、素敵ですがおいくらぐらいでしょうか?」

おっさんの声「…逆になんぼ出せるん?」

出会って5秒で知らないおっさんといきなり数百万円の交渉!汗

僕「…1千ま…いや800万円なら…。」

おっさんの声「そら売られへんなー。」

僕「ですよねー、失礼します…。」がちゃ

2人「…こっわ!笑」

 

地元の僕たちもあまり行ったことがない、海水浴場を過ぎた先の道へ入っていきます。

すると・・・

なんだかキレイに造成された、3区画だけの土地が、軽い段々状に並んでいます。

 

分譲用に造成されていない元個人の所有地のような土地でも、僕はあまり気にしない(むしろ造成費がかかっていない分安い場合が多い)んですが、

f:id:guuma:20170218024823j:plain

(イメージ)

 

一般的に女性(ぐーさんも含めて)は「造成された分譲地」の方が安心感があって好きみたいです。

f:id:guuma:20170218025205j:plain

(イメージ)

 

 

この3区画は、こんな海岸の奥地にしては、相当キレイに造成されています。

どの区画もそれぞれ約80坪。

逆に少し持て余すかもしれませんが、文句のない範囲の十分な広さです。

そして何より、道路1本だけ挟めば、一切の障害物は無く、すぐに海!

 

【3区画の断面図】

f:id:guuma:20170218030152j:plain

特に「土地①」は神レベルです。

その場ですぐに看板の不動産屋に電話。

 

僕「土地①を購入検討したいんですが…。」

不動産屋「すみません、①③が売れてしまって、②なら空いているので是非。」

僕「ちなみに、坪単価おいくらぐらいでしょうか…?」

坪単価10万円✖80坪=800万円ぐらいであってほしい…。

 

不動産屋「えー、一応(坪単価)6万円で出しています。」

やすうー!!

僕「す、素晴らしいですね…。」

不動産屋「よければ(坪単価)5万円でも結構です。」

バカな!

こっちから交渉する前からの自発的な値引き!

「飲む前に飲む」状態!

 

不動産屋「逆に、おいくらぐらいが希望ですか?」

(え…無条件で5万円スタートなら、もっと安く言っていいってこと?汗)

僕「じゃあ、よ、4万……5千円とかはさすがにダメですよね。」

「4万円」ジャストで言いかけましたが、

「そんな価値しか見いだせてない節穴の客には売れませんね」とか手のひら返されるかもしれない恐怖で、4万「5千」円にしてしまいました(小さすぎ)笑。

不動産屋「4万5千円ですかー…社長に相談してみますが、是非ご検討お願いします。」

 

この立地と広さで400万円?

M町の川沿い(サイクリングロード前)の土地を超える逸材かもしれません…。

 

しかし、この土地②にも1点だけリスクがありました。

この「umiie diary」はそのリスクとの戦いの記録といってもいいぐらいの、大きなリスク。

だから僕はこの土地②を、umitochiと呼びます。

 

 

今日の一曲:Marry you/Bruno Mars

 

土地探しの旅 ステージ8 ~umitochi(1)~

 

2人で何度か行ったことのあるN町の海辺のカフェ。

N町は僕の地元であり、カフェに至っては僕の実家から1分の場所です。

 

水辺の土地を探すことになって初めて知ったんですが、

ぐーさんが実はこのカフェ(特に景色)がとても好きで、

なんならこのカフェを売ってもらって住みたいぐらいとのこと笑。

 

f:id:guuma:20170217002500j:plain

(イメージ)

 

うすうす気付いてはいました。

海辺、川辺を追い求めて行き詰ったら、N町をあたらないわけにはいかないと。

 

ただ、N町は僕が候補に挙げるのをなんとなく避けてきました。

理由の1つは、N町は、ぐーさんの通勤1時間、僕の通勤10分に偏りすぎること。

 

【N町の位置】

 

      ウマの職場

          N町    海

           

 

  A町  K町  M町   海

         C町  海

 

 

ぐーさんの職場

 

 

そしてN町の海辺を探してこなかった最大の理由は、僕の実家に近すぎること笑。

まだ1回も結婚したことがないくせに勝手なイメージですが、

仮にどんなにいい奥さんといい母親でも「嫁姑」問題は絶対起きる

(表面上は起きなくても奥さんの神経は確実にすり減る)

と思っておいた方がいい、と思っています笑。

 

だから、世界にある無数の家の形の中でも、

「二世帯住宅」だけは僕の中でありえません笑。

子育て、親の介護、家づくり資金の問題等、

いろんな必要性を勘案しての採用なのは分かりますが…

旦那さんの立ち回りがよほど神レベルなのかもしれません汗

 

そもそも親に資金援助してもらうと、

土地や家に親の希望を相当取り入れないといけなさそうです…笑

自分の親側の援助ならまだしも、

相手の親に援助してもらった側なんてもう絶対自分の希望言えないですよね笑。

自分たちの親子関係がそうであるかは別としても、それが多数派じゃないかと。

(親は金は出しても口出すな、みたいなきつい名言があったような笑)

 

脱線して少し重くなりました…と言いたいとこですが、

「海辺がいい」「住宅ローンどこで組む」とかより大事なところだと思っているので、

そのあたりも2人で慎重に検討しつつ、

車はN町の海辺に向かっていました…。

 

 

今日の一曲:シルキー・ショコラ・ラヴァーズ・ドリーミィ・タイム/orange pekoe

 

心の中の婚姻届

 

フライングで先に家づくりが始まりましたが、

入籍日をいつにするかも2人は秋ごろから悩んでいました。

 

年度が替わると部署の環境もまた変わるかもしれないので、

平成28年度中(1月~3月)を区切りに考えました。

 

まず入籍だけと考えていたので、

完全に自分たちで「都合が良い日」「好きな日」から決めないといけません。

 

物凄く凝った意味でなくてもいいんです。

普通に「11月22日(いい夫婦の日)」とか語呂合わせでも。

悩める2人はとりあえず、日本記念日協会の「記念日辞典」を読みました笑

 

f:id:guuma:20170212093100j:plain

  

1月31日(愛妻感謝の日)、

2月2日(夫婦の日)、

2月5日(2人で泊まったスイスのB&Bの部屋番号)

2月20日(夫婦円満の日)

3月9日(感謝の日)※レミオロメンを流さないといけなくなりますが笑

3月12日(笑顔の日)

等が候補に挙がりつつも踏み切れてませんでした。

 

そして、

国民の祝日なら毎年祝いやすい」という視点が一番しっくりきたので、

2月11日(建国記念日)に決定。

 

平成29年2月11日(土)。

ものすごい寒さながら、たくさんの美しい雲が浮かぶ青空の昼過ぎ。

「先負」=午後が吉だったので(朝のんびりしたかったので)

13:06に市役所へ婚姻届を提出しました。

 

普段あまり物を欲しがらない(※食べ物以外)ぐーさんが珍しく、

「記念品を買おう」と提案してくれたので、

ベタですがこれからの2人の時間を一緒に歩んでくれる時計を買いました。

 

デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンの「ローマン」。

新しい家のどこに置こうか今から迷うほど、

時代に左右されないクラッシックとモダンの調和が素敵な時計です。

(自分が買ったからって褒め過ぎ笑)

 

f:id:guuma:20170212100504j:plain

 

 

(補足)

2月11日は、記念日協会的には「仁丹の日」「わんこそば記念日」です笑。

大学時代の友人Sさんの結婚記念日も偶然、同じ決め方で同じ2月11日でした。

 

 

入籍日の車で流れていた一曲:心の中の色紙/AL

広告を非表示にする

土地探しの旅 ステージ7 ~川の流れのように(2)~

 

M町の、川沿いの土地。

通勤、立地、校区、値段、川沿い、文句がつけれません。

 

ですが・・・

たった1点だけ、「即買い」に踏み切れない大事な要素がありました。

 

土地と川の間に、高い土手があるんです。

しかも、その土手はサイクリングロード。

川を眺めて過ごす2階の高さと、そこを散歩する人の目線が、完璧に合ってます笑。

 

f:id:guuma:20170211014416j:plain

(イメージ)

 

焦った2人は、「川沿いマスター」「Mr.リバービュー」のY社長に相談することに。

Y社長「ど、どうされたんですか汗。今は会社じゃなく自邸にいますので、またそちらでもよければどうぞ。」

 

仮契約も何もしていない、まだ通りすがりの客の段階にも関わらず、Y社長の自邸にまたお邪魔する2人。

 

Y社長「一般的にはやはりまず、フェンスで視線をカット、でどうでしょうか。スリットに角度を付ければ、家からは川は見えて、土手からは家の中が見えにくいですし。」

 

f:id:guuma:20170211014317j:plain

(イメージ)

 

2人(うーん・・・)

なんせ、今目の前のY社長邸のリバービューを味わいながらだと、その案がいまいち入ってきません笑。

 

f:id:guuma:20170131231242j:plain

(イメージ)

 

僕たちも素人なりに考えた、土手(サイクリングロード)を歩く人からのプライベート空間の確保案も聞いていただきました。

 

案①:物凄い奥行のあるコの字

バルコニーの奥の方でいれば、土手からは見えずにくつろげるのでは?

 

f:id:guuma:20170211032116j:plain

(イメージ)

 

案②:できるだけ高い2階

土手よりも高い位置にどうにか2階のフロアーレベルを上げれば(極端な話3階のLDKやバルコニーなら)、土手からは見えないのでは?

 

僕たちの話を、優しく聞いてくれるY社長。

もしこの「土手からの視線」問題を解決してくれそうなら、

もう「この土地を買う」+「Y社に家づくりの契約をする」で進めてもいいぐらいの勢いでした。

 

僕は図々しく、(あわよくば今、ラフなスケッチで間取り提案とかしていただけないかな・・・)とか考えていました笑。

しかし、Y社長は、良くも悪くも、この場面でさえまだ営業らしいトークをしてくれません。

僕(社長、ほら、もう獲物は針にかかって、後はすくうだけでっせ)

 

Y社長「・・・」

・・・

・・・

結局、Y社長、動かず!笑

 

f:id:guuma:20170211035353p:plain

(イメージ) 

 

Y社長は多分「押しつけの営業はしない代わりに、契約してくださった本当のお客様に注力する」のようなポリシーをお持ちなのかなと推測しています。

 

この川沿いの土地が売れないことを祈りながら、土地探しの旅は続くことになりました。

 

今日の一曲:なんとなく僕たちは大人になるんだ/安藤裕子(originaled by 銀杏BOYZ

 

土地探しの旅 ステージ7 ~川の流れのように(1)~

 

Y社長邸にお邪魔してからというもの、

すっかり「川沿いの土地」に憑りつかれていた笑2016年7月。

 

検討中の建築会社「N」社が何件か取り寄せてくれた土地の物件チラシの中に、

ふと目にとまったM町の土地。

チラシの上からでも少しオーラが違うので、早速現地を見に行くことに。

 

 

(M町のエリア位置関係のおさらい)

 

      ウマの職場    海

 

  A町  K町  M町   海

         C町  海

 

ぐーさんの職場

 

 

2人の職場の中間のM町のうえ更にバイパス近くなので「通勤」90点。

近隣の商業施設・飲食店等・役場・病院の充実で「立地」90点。

幼少中ともに徒歩圏内で「校区」80点。

新しい分譲地のしかも角地70坪で1000万円なら「値段」80点。

なにより、南に広がる・・・広い川で「リバービュー」90点!

 

総合85点以上をゆうに叩きだす、

業界でいうところの「即買い」レベルの総合点です。

 

初めて「保留している間に売れてしまったら後悔する土地」に出会ったと、

なんとなく理解する2人。

 

この土地を見つけた高揚と、

突然決断が必要かもしれないという状況になった焦りで、

2人は「あの人」に相談に向かいました。

 

 

続く→

 

 

今日の一曲:駆け抜けて性春/銀杏BOYZ(RISING SUN 2002 ver.)

会社探しの旅 ~「M」社を検討できた日~

 

「土地探しの旅」に区切りがつくにはもう少しかかるので笑、

それ以外の記事も挟んでみます。

 

 

大手ハウスメーカー「M」社との思い出の話です。

 

 

2016年のGWにふらっと寄った当時、

その住宅展示場の中では「M」社さんのモデルハウスが、

一番新しく一番お金がかかっていました(1億円とかだったような汗)。

 

案内してくれるのは、リスみたいにくりんとした可愛い顔の営業マン(男性)。

物腰は丁寧で、グイグイこない感じが好印象です。

 

広すぎる玄関を通り、

リビングを見下ろす1.5階の空中和室、

吹き抜けのリビングの奥には、

全面セラミックでダイニングと一体化された凄まじいアイランドキッチン。

 

f:id:guuma:20170204040549j:plain

(イメージ)

 

料理を全くしない男子の僕でも(こんなキッチンで料理したい・・・!)と思わされる圧倒的カッコよさ。

 

リス君「(ひそひそ)・・・800万円(のキッチン)です。」

2人「うへー!」

 

リス君「このキッチンだけで、「T」社さんの家が建ちます(クリンッ)。」

 

f:id:guuma:20170204041412j:plain

 

大手メーカーが、ローコストメーカー(とそこで家を建てる方々)を若干ディスった感じになったその言葉は、少し残念でした。

 

 

「M」社さんの家の最大の特徴は「蔵のある家」。

(イニシャル表記意味無くなってます笑)

 

天井高1.4mまでなら居住空間とみなされないルールを逆手にとって、

家のいたるところにロフトのような空間を作ることで、

スキップフロア(1Fと2Fの高さを少しずつずらしていく空間)になり、

高い収納力と部屋同士の絶妙な繋がり・個室間が素敵です。

 

f:id:guuma:20170204043008j:plain

(イメージ)

 

リス君「実はここも、お部屋になっています。」

僕「うーん蔵のある生活!」

リス君「こんなところに、隠れ家書斎いかがですか?」

僕「うーん蔵のある生活!」

 

ぐるぐると幾つもの階段を上るので4階建てぐらいの広さを感じますが、実際は2.5階。

いろんなところに潜んでいる部屋の「秘密基地」感が、特に男子にはたまりません。

 

リス君「今日ちょうどこの近くで、実際に施主様が建てられたお家の、完成見学会中ですよ。」

 

リス君「そのお施主様も、まさにこのモデルハウスに惚れ込んでいただいて、かなりこのモデルハウスを参考に造られたので、特にご参考になると思います。」

 

 

その営業に乗った2人は、そのまま早速、そのお家にお邪魔させていただきました。

 

玄関を通り、

リビングを見下ろす1.5階の空中和室、

吹き抜けのリビングの奥のキッチン。

 

僕「・・・ほ、ほほう~・・・。」

 

モデルハウスを参考に、どころではありません。

モデルハウスと同じ間取りです驚。

間取りだけでなく、照明の使い方等までモデルハウスと同じです。

モデルハウスにぞっこんです(気持ちはよく分かります)。

 

もちろん一般的な戸建なので、

広さはモデルハウスよりはコンパクトだし、

まだ家具(インテリア)の雰囲気も入る前ですが、

それを差し引いてもこれは、

 

・・・

 

2人(何かが違う・・・汗)

 

2人(いや、「違う」じゃない・・・「無い」・・・汗)

 

勝手に見せていただいて大変大変失礼ですが、あれは本当に一体何故なんでしょう?

僕たち2人は、いろんな見学会にお邪魔しましたが、どのお家もいつも素敵と思ったし、こんな感覚はこの時だけです。

間取りも、大きい仕様も一緒だからこそモデルハウスとの違いが引き立っていたんでしょうか・・・。

 

ノーマークだった「M」社が、

一気に有力候補に躍り出て、

そのわずか数時間後にまた候補から外れた一日でした・・・笑

 

 

今日の一曲:YOU & I VS.THE WORLD / THE COLLECTORS(originaled by 銀杏BOYZ

 

 

土地探しの旅 ステージ6 ~海辺より川辺~

 

ある土曜日の早朝。

 

寝ているぐーさんを起こしたもののやはり起きないので、

朝マックにも寄るよと誘うと「すっ」と起きました笑

 

ほぼ部屋着のままで車に乗り込み、

涼しいながらも強めの陽が射す初夏の早朝、

川沿いの土地探しドライブです。

 

インターネットで目星を付けていた幾つかの土地や、

道中で見つけたローカルな土地を、

車から降りて見ていきます。

 

うまく川沿いでも、

高い土手にリバービューを遮られている土地も多くて残念です。

 

この頃は、同じ水辺の景観を持つ家なら、

海沿い < 川沿い かもと考えるようになっていました。

 

理由①:

塩害のリスクが低そうです。

海沿いだと、自転車や金属が錆サビ、塩の結晶で窓が白くなる(高圧洗浄必要)、外干しの洗濯物がべたつく、等の可能性も覚悟しないといけません。

 

理由②:

川沿い(土地)は内陸もあるので津波のリスクが低そうです。

 

理由③:

海沿いの土地は郊外が多いですが、

川沿いなら結構「街」なかの土地もありそうです。

 

約束どおりドライブスルーへ。

幸せそうにエッグマフィンを食べる助手席の人。

 

川沿い < マック沿い の土地になるかもしれません笑

 

 

今日の一曲:漂流教室YUKI(originaled by 銀杏BOYZ

 

土地探しの旅 ステージ5 ~社長宅はリバーサイド~

2016年6月のある日。

土地探しの方向性が一気に変わる体験をしました。

 

地元のY工務店

ブロカントテイストの施工事例も魅力ですが、

優しい物腰と遠慮がちな草食系(ガツガツ営業しない)Y社長の人柄に、

多数の奥様が惚れて契約してきたに違いありません。

f:id:guuma:20170131224734j:plain

(イメージ画像拝借)

 

Y社長「ウマさんはコート(中庭)ハウスがご希望であれば・・・私の自邸が「コの字」タイプなので、もしよろしければ多少ご参考になるかもしれません。」

 

さっそく後日お邪魔することに笑。

 

タイル張りの2階LDKの先には・・・

2台並んだラウンジチェアー(多分デドン社製)でもまだまだゆとりのある、

インナーバルコニー。

f:id:guuma:20170131230252j:plain

(イメージ画像拝借)

 

更にバルコニーの先は一面・・・すぐ真下を悠々と流れる川!

f:id:guuma:20170131231242j:plain

(イメージ画像拝借)

 

そしてバルコニーの両サイドは他の部屋で挟んでいる(コの字)ため、

ほぼ完全なプライバシー空間。

 

先日僕が住みたい家の要素で書き出した、

「見晴らしのいい家」「プライバシーな半屋外空間」を見事に合わせ持っています。

 

 

この日を境に、僕よりもむしろぐーさんが、

「海沿い」もしくは「川沿い」の土地を優先的に探すようになりました。

 

そして建築会社選びも、Y工務店にぐっと傾いていきます笑・・・。

 

 

今日の一曲:リバーサイドホテル/井上陽水